医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

閲覧履歴

ユベラ軟膏

外用ビタミンE・A剤

1g 3.4円

作成又は改訂年月

**
2005年4月改訂
(第4版)
*
2002年10月改訂

日本標準商品分類番号

872649

日本標準商品分類番号等

1982年8月

薬効分類名

外用ビタミンE・A剤

承認等

販売名

ユベラ軟膏

販売名コード

2649805M1026

承認・許可番号

13600AZZ00194000
Juvela

薬価基準収載年月

1961年12月

販売開始年月

1961年5月

貯法・使用期限等

貯  法
15℃以下の冷所に保存すること。
開栓後は密栓し、光を避けて15℃以下で保存すること(空気又は光により経時変化して、徐々に黄色となる)。
使用期限
外箱又はラベルに表示の使用期限内に使用すること。

組成

成分・分量(1g中)
トコフェロール20mg、ビタミンA油5mg(ビタミンAとして5,000ビタミンA単位)
*添加物
エデト酸ナトリウム水和物、2‐オクチルドデカノール、自己乳化型ステアリン酸プロピレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、シリコーン樹脂、セチルアルコール脂肪酸エステル、セトステアリルアルコール、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸メチル、パラフィン、フィトステロール、ブチルヒドロキシアニソール、1,3‐ブチレングリコール、ミリスチン酸イソプロピル、モノステアリン酸グリセリン、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ラウリルリン酸ナトリウム、流動パラフィン

性状

性状 白色〜淡黄色の軟膏である。

一般的名称

ビタミンE・A製剤

効能又は効果

効能又は効果/用法及び用量

凍瘡、進行性指掌角皮症、尋常性魚鱗癬、毛孔性苔癬、単純性粃糠疹、掌蹠角化症

用法及び用量

通常1日1〜数回適量を患部に塗布する。

使用上の注意

副作用

副作用等発現状況の概要

総症例1,461例中、33例(2.26%)の副作用が報告されている。(再評価結果時)
過敏症注)
0.1〜5%未満
紅斑、そう
副作用等発現状況概要の注意
注)このような場合には使用を中止すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
〔配合成分であるビタミンAの大量投与による動物実験で催奇形性が報告されている。〕

適用上の注意

投与経路
本剤は眼には使用しないこと。

臨床成績

臨床効果
本剤を凍瘡、角化性皮膚疾患などを対象に一般臨床試験及び比較対照試験を実施し、有用性が認められている。1) 2)

薬効薬理

皮膚の微小循環系賦活作用
ビタミンEは経皮吸収され、皮膚の血行を促進し、皮膚温を上昇させるとともに、微小血管の透過性の亢進を抑制する。またビタミンEはビタミンAの生体内利用を高めることも報告されている。1) 2) 3) 4)
皮膚の保護作用
ビタミンAは経皮吸収され、表皮におけるムコ多糖類などの新陳代謝を高め、ケラチン形成を抑制する。これらの作用に基づき、皮膚の乾燥化、そぞう化、りんせつ形成などに対し抑制作用を示す。2) 5) 6) 7) 8)

有効成分に関する理化学的知見

一般名
トコフェロール(Tocopherol)
化学名
2, 5, 7, 8‐Tetramethyl‐2‐(4, 8, 12‐trimethyltridecyl)chroman‐6‐ol
分子式
C29H50O2
分子量
430.71
構造式
トコフェロール
物理化学的性状
トコフェロールは黄色〜赤褐色澄明の粘性の液で、においはない。本品はエタノール(99.5)、アセトン、クロロホルム、ジエチルエーテル又は植物油と混和する。
本品はエタノール(95)に溶けやすく、水にほとんど溶けない。本品は旋光性を示さない。本品は空気及び光によって酸化されて、暗赤色となる。
一般名
ビタミンA油(Vitamin A Oil)
物理化学的性状
ビタミンA油は黄色〜黄褐色の澄明又はわずかに混濁した油液で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがある。本品は空気又は光によって分解する。

包装

*ユベラ軟膏:チューブ入り 280g(56g×5)
ユベラ軟膏:ポリ容器入り 500g×1

主要文献及び文献請求先

主要文献

1
神村瑞夫ら:新薬と臨牀, 10, 1012 (1961) E‐0282
2
神村瑞夫:皮膚科の臨床, 2, 304 (1960) E‐1318
3
Kamimura, M. et al.:J. Vitaminol., 14, 150 (1968) E‐0240
4
矢野 進:札幌医学雑誌, 18, 158 (1960) E‐1317
5
南保俊雄ら:薬理と治療, 5, 2827 (1977) Z‐O‐0015
6
Burgoon, C. F. Jr. et al. : Arch. Dermatol., 87, 103 (1963) A‐0076
7
Chopra, D. P. et al. : J. Invest. Dermatol., 64, 19 (1975) E‐1321
8
Ohkawara, A. et al. : J. Dermatol., 5, 9 (1978) E‐1322

文献請求先・製品情報お問い合わせ先

エーザイ株式会社 hhcホットライン
フリーダイヤル 0120-419-497

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

**製造販売元
サンノーバ株式会社
群馬県太田市世良田町3038−2
**販売元
エーザイ株式会社
東京都文京区小石川4−6−10

先発薬

後発薬

                                                                                                                                                                                                       

MESSAGE

MESSAGE

LABEL