医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

閲覧履歴

サトウザルベ軟膏10%

皮膚疾患治療剤

1g 2.03円

作成又は改訂年月日

※※
2020年6月改訂
(第6版、使用期限記載箇所の変更等)
2012年4月改訂

日本標準商品分類番号

872649

薬効分類名称

皮膚疾患治療剤

承認等

販売名

サトウザルベ軟膏10%

販売名コード

2649710M2122

承認・許可番号

21900AMX00033000
SATO SALBE OINTMENT 10%

薬価基準収載年月

2007年6月

販売開始年月

1985年8月

貯法・使用期限等

貯法    
気密容器、室温保存
※※/※使用期限
容器の側面に記載

組成

成分・含量(1g中)    
日局酸化亜鉛100mg(10%)
添加物
サラシミツロウ、ナタネ油

製剤の性状

白色〜淡黄色の軟膏で、わずかに特有なにおいを有する。

販売名

サトウザルベ軟膏20%

販売名コード

2649710M1037

承認・許可番号

21900AMX00036000
SATO SALBE OINTMENT 20%

薬価基準収載年月

2007年 6月

販売開始年月

1982年11月

貯法・使用期限等

貯法    
気密容器、室温保存
※※/※使用期限
容器の側面に記載

組成

成分・含量(1g中)    
日局酸化亜鉛200mg(20%)
添加物
サラシミツロウ、ナタネ油

製剤の性状

白色〜淡黄色の軟膏で、わずかに特有なにおいを有する。

一般的名称

亜鉛華単軟膏製剤

禁忌

(次の部位には使用しないこと)    
重度又は広範囲の熱傷〔酸化亜鉛が創傷部位に付着し、組織修復を遷延させることがある。〕

効能又は効果

効能又は効果/用法及び用量

下記皮膚疾患の収れん・消炎・保護・緩和な防腐    
外傷、熱傷、凍傷、湿疹・皮膚炎、肛門そう痒症、白癬、面皰、せつ、よう
その他皮膚疾患によるびらん・潰瘍・湿潤面    

用法及び用量

通常、症状に応じて1日1〜数回、患部に塗擦又は貼布する。

使用上の注意

副作用

副作用等発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない為、発現頻度は不明である。

その他の副作用

以下のような副作用があらわれた場合には使用を中止すること。
過敏症     
過敏症状
皮膚    
発疹、刺激感等

適用上の注意

使用部位    
目には使用しないこと。

薬効薬理

酸化亜鉛は局所収れん作用、保護作用及び軽度の防腐作用を有し、炎症皮膚面において、炎症を抑え、組織修復を促進させる。また、本品は痂皮を軟化させ、湿潤面を乾燥化させる。
サトウザルベ軟膏10%及びサトウザルベ軟膏20%はモルモットあるいはラットを用いた実験的熱創傷モデルにおいて創傷治癒促進作用が認められた。1)

有効成分に関する理化学的知見

一般名    
酸化亜鉛
化学名    
Zinc Oxide
分子式    
ZnO
分子量    
81.38
性状    
本品は白色の無晶性の粉末で、におい及び味はない。
水、エタノール(95)、酢酸(100)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
希塩酸又は水酸化ナトリウム試液に溶ける。
空気中で徐々に二酸化炭素を吸収する。

取扱い上の注意

本製品の容器材質はポリエチレン製樹脂のため金属製のヘラを使用した場合、容器と接触する角度、強さにより容器が削られることがあるので注意すること。

包装


サトウザルベ軟膏10%、サトウザルベ軟膏20%
500g(プラスチック容器)

主要文献及び文献請求先

主要文献

1
佐藤製薬株式会社 社内資料:薬効薬理試験

文献請求先

主要文献(社内資料含む)は下記にご請求ください。

佐藤製薬株式会社 医薬事業部
※※フリーダイヤル 0120-310-656

製造業者又は輸入販売業者の氏名又は名称及び住所

製造販売元
佐藤製薬株式会社
東京都港区元赤坂1丁目5番27号

先発薬

後発薬

                                                                                                                                                                                                       

MESSAGE

MESSAGE

LABEL