医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

閲覧履歴

5%サリチル酸ワセリン軟膏東豊

寄生性皮膚疾患剤

1g 3.08円

作成又は改訂年月

2008年7月改訂
第4版
2005年4月改訂
第3版

日本標準商品分類番号

872652

日本標準商品分類番号等

1977年10月

薬効分類名

寄生性皮膚疾患剤

承認等

5%サリチル酸ワセリン軟膏 東豊

販売名コード

2652701M1025

承認・許可番号

14300AMZ01478

薬価基準収載年月

1968年12月

販売開始年月

1969年1月

貯法・使用期限等

貯法
気密容器、室温保存
使用期限
製造の翌月から5年
注意
取扱上の注意の項参照

組成

1g中
サリチル酸 50mg
白色ワセリン 950mg
添加物としてBHTを含む。

性状

本品は白色〜微黄色の軟膏である。

禁忌

本剤に対して過敏症の既往歴のある患者。

効能又は効果

効能又は効果/用法及び用量

乾癬、白癬(頭部浅在性白癬、小水疱性斑状白癬、汗疱状白癬、頑癬)、癜風、紅色粃糠疹、紅色陰癬、角化症(尋常性魚鱗癬、先天性魚鱗癬、毛孔性苔癬、先天性手掌足底角化症(腫)、ダリエー病、遠山連圏状粃糠疹)、湿疹(角化を伴う)、口囲皮膚炎、掌蹠膿疱症、ヘプラ氏粃糠疹、アトピー性皮膚炎、ざ瘡、せつ、腋臭症、多汗症、その他角化性の皮膚疾患。

用法及び用量に関する説明

成人1日1〜2回塗布する。

使用上の注意

重要な基本的注意

患部が化膿しているなど湿潤、びらんが著しい場合には、あらかじめ適切な処置を行ったのち使用すること。

副作用

副作用等発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

 頻度不明
過敏症 注)過敏症状
皮膚 注)発赤、紅斑
長期・大量使用内服、注射等全身的投与の場合と同様な副作用があらわれることがある。
注)このような症状があらわれた場合には使用を中止すること。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意して投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

経口投与による動物実験で催奇形作用が報告されているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合のみ使用すること。

小児等への投与

小児等では副作用が発現し易いので慎重に使用すること。

適用上の注意

長期間使用していても症状の改善が認められない場合には、改めて診断し適切な治療を行うことが望ましい。
広範囲の病巣に使用した場合には、副作用があらわれやすいので注意して使用すること。
眼科用には使用しないこと。

取扱い上の注意

31℃以上の高温下に長時間放置したとき、成分の一部が表面に析出することがある。

包装

500g

製造業者又は輸入販売業者の氏名又は名称及び住所

発売元
吉田製薬株式会社
〒164-0011 東京都中野区中央5-1-10
製造発売元
東豊薬品株式会社
〒124-0025東京都葛飾区西新小岩4-15-3

先発薬

後発薬

                                                                                                                                                                                                       

MESSAGE

MESSAGE

LABEL