医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

閲覧履歴

アルジオキサ錠100mg「KN」

胃炎・消化性潰瘍治療剤

1錠 5.7円

作成又は改訂年月

**
2018年12月改訂
(第13版)
*
2018年12月改訂
(第12版、販売名変更に伴う改訂)

日本標準商品分類番号

872329

日本標準商品分類番号等

1982年1月

薬効分類名

胃炎・消化性潰瘍治療剤

承認等

販売名

*アルジオキサ錠100mg「KN」

販売名コード

2329002F2203

承認・許可番号

*23000AMX00558000
ALDIOXA Tablets 100mg「KN」

薬価基準収載年月

*2018年12月

販売開始年月

1974年2月

貯法・使用期限等

貯法:
室温保存
使用期限:
外箱に表示

基準名

日本薬局方
アルジオキサ錠

組成

成分・含量
1錠中、日局アルジオキサ100mg含有
添加物
結晶セルロース
乳糖水和物
ヒドロキシプロピルセルロース
カルメロースカルシウム
ステアリン酸マグネシウム
軽質無水ケイ酸
含水二酸化ケイ素

性状

性状 白色の素錠
大きさ 直径:約9.1mm
厚さ:約3.0mm
重量:約250mg
外形
識別コード KN329

禁忌

透析療法を受けている患者[他のアルミニウム含有製剤で、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれたとの報告がある。]

効能又は効果/用法及び用量

下記疾患における自覚症状及び他覚所見の改善
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎
アルジオキサとして、通常成人1日300〜400mgを3〜4回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

慎重投与

腎障害のある患者[長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれるおそれがあるので、定期的に血中アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。]

相互作用

併用注意

薬剤名等臨床症状・措置方法機序・危険因子
テトラサイクリン系抗生物質:テトラサイクリン、ドキシサイクリン塩酸塩水和物等テトラサイクリン系抗生物質の作用が減弱するおそれがあるので、同時に服用させないこと。 本剤に含まれるアルミニウムイオンとキレートを形成し、吸収が阻害される。
ニューキノロン系抗菌剤:塩酸シプロフロキサシン、ノルフロキサシン、オフロキサシン等ニューキノロン系抗菌剤の作用が減弱するおそれがあるので、同時に服用させないこと。 本剤に含まれるアルミニウムイオンとキレートを形成し、吸収が阻害される。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

頻度不明
消化器 便秘等

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので慎重に投与すること。

適用上の注意

薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。[PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。]

薬物動態

<溶出挙動>
アルジオキサ錠100mg「KN」は、日本薬局方医薬品各条に定められたアルジオキサ錠の溶出規格に適合していることが確認されている。1)

薬効薬理

局所傷薬であるアラントインに制酸作用を有する水酸化アルミニウムを結合させたもので、消化管内で加水分解され両者が分離する。アラントインの大部分は吸収される。持続的な制酸作用、抗ペプシン作用を現す。また、胃粘膜損傷部位に付着し被覆作用を現すと共に、肉芽形成、結合組織の増生、粘膜再生、及び粘膜下血管の新生を促し、潰瘍の治癒過程を促進する。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名:
アルジオキサ(Aldioxa)
化学名:
Dihydroxo[(4RS)-5-oxo-4-ureido-4,5-dihydro-1H-imidazol-2-yl]oxoaluminium
分子式:
C4H7AlN4O5
分子量:
218.10
性状:
白色の粉末である。
水、エタノール(95)にほとんど溶けない。
希塩酸に溶ける。
フッ化ナトリウム・塩酸試液溶液(1→100)は旋光性を示さない。
融点:約230℃(分解)
構造式:

取扱い上の注意

<安定性試験>
最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、アルジオキサ錠100mg「KN」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。3)

包装

アルジオキサ錠100mg「KN」 : 100錠(PTP)
アルジオキサ錠100mg「KN」 : 1000錠(バラ・PTP)

**主要文献及び文献請求先

主要文献

小林化工株式会社・社内資料(日本薬局方規格溶出試験)
**第十七改正日本薬局方解説書
小林化工株式会社・社内資料(安定性試験)

文献請求先

主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。

小林化工株式会社 安全管理部
〒919-0603 福井県あわら市矢地5-15
TEL 0776-73-0911
FAX 0776-73-0821

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
小林化工株式会社
福井県あわら市矢地5-15
フリーダイヤル 0120-37-0690 TEL 0776-73-0911
FAX 0776-73-0821

先発薬

後発薬

                                                                                                                                                                                                       

MESSAGE

MESSAGE

LABEL