医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

閲覧履歴

カルデナリン錠0.5mg

血圧降下剤

1錠 14.2円

作成又は改訂年月

**
2021年9月改訂
(第15版)
*
2017年4月改訂

日本標準商品分類番号

872149

日本標準商品分類番号等

1998年3月(錠0.5mg、錠1mg、錠2mg、錠4mg)
1986年12月

薬効分類名

血圧降下剤

承認等

販売名

カルデナリン錠0.5mg

販売名コード

2149026F1026

承認・許可番号

20200AMZ00091
Cardenalin Tablets 0.5mg

薬価基準収載年月

1990年4月

販売開始年月

1990年4月

貯法・使用期限等

貯法 
室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載

基準名

日本薬局方
ドキサゾシンメシル酸塩錠

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:0.61mg(ドキサゾシンとして0.5mg)
*添加物
結晶セルロース、デンプングリコール酸ナトリウム、乳糖水和物、ステアリン酸マグネシウム、ラウリル硫酸ナトリウム

性状

外形
上面
下面
側面
直径6.0mm
厚さ2.7mm
識別コードPTC01
色調等白色
素錠

販売名

カルデナリン錠1mg

販売名コード

2149026F2022

承認・許可番号

20200AMZ00092
Cardenalin Tablets 1mg

薬価基準収載年月

1990年4月

販売開始年月

1990年4月

貯法・使用期限等

貯法 
室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載

基準名

日本薬局方
ドキサゾシンメシル酸塩錠

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:1.21mg(ドキサゾシンとして1mg)
*添加物
結晶セルロース、デンプングリコール酸ナトリウム、乳糖水和物、ステアリン酸マグネシウム、ラウリル硫酸ナトリウム

性状

外形
上面
下面
側面
直径6.8mm
厚さ2.8mm
識別コードPTC02
色調等白色
割線入り
素錠

販売名

カルデナリン錠2mg

販売名コード

2149026F3029

承認・許可番号

20200AMZ00093
Cardenalin Tablets 2mg

薬価基準収載年月

1990年4月

販売開始年月

1990年4月

貯法・使用期限等

貯法 
室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載

基準名

日本薬局方
ドキサゾシンメシル酸塩錠

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:2.43mg(ドキサゾシンとして2mg)
*添加物
結晶セルロース、デンプングリコール酸ナトリウム、乳糖水和物、ステアリン酸マグネシウム、ラウリル硫酸ナトリウム、黄色5号

性状

外形
上面
下面
側面
直径6.8mm
厚さ2.9mm
識別コードPTC03
色調等淡いだいだい色
割線入り
素錠

販売名

カルデナリン錠4mg

販売名コード

2149026F4025

承認・許可番号

20200AMZ00094
Cardenalin Tablets 4mg

薬価基準収載年月

1990年4月

販売開始年月

1990年4月

貯法・使用期限等

貯法 
室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載

基準名

日本薬局方
ドキサゾシンメシル酸塩錠

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:4.85mg(ドキサゾシンとして4mg)
*添加物
結晶セルロース、デンプングリコール酸ナトリウム、乳糖水和物、ステアリン酸マグネシウム、ラウリル硫酸ナトリウム

性状

外形
上面
下面
側面
直径8.0mm
厚さ3.7mm
識別コードPTC04
色調等白色
割線入り
素錠

販売名

カルデナリンOD錠0.5mg

販売名コード

2149026F5021

承認・許可番号

22500AMX01528
Cardenalin OD Tablets 0.5mg

薬価基準収載年月

2013年12月

販売開始年月

2013年12月

貯法・使用期限等

貯法 
気密容器・室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載(取扱い上の注意参照)

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:0.61mg(ドキサゾシンとして0.5mg)
添加物
D-マンニトール、結晶セルロース、クロスポビドン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、含水二酸化ケイ素、サッカリンナトリウム水和物、ステアリン酸マグネシウム、ステビア抽出精製物、香料、黄色三二酸化鉄

性状

外形
上面
下面
側面
直径6.0mm
厚さ2.8mm
識別コードPTC11
色調等淡黄色
素錠

販売名

カルデナリンOD錠1mg

販売名コード

2149026F6028

承認・許可番号

22500AMX01529
Cardenalin OD Tablets 1mg

薬価基準収載年月

2013年12月

販売開始年月

2013年12月

貯法・使用期限等

貯法 
気密容器・室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載(取扱い上の注意参照)

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:1.21mg(ドキサゾシンとして1mg)
添加物
D-マンニトール、結晶セルロース、クロスポビドン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、含水二酸化ケイ素、サッカリンナトリウム水和物、ステアリン酸マグネシウム、ステビア抽出精製物、香料、黄色三二酸化鉄

性状

外形
上面
下面
側面
直径7.0mm
厚さ2.9mm
識別コードPTC12
色調等淡黄色
割線入り
素錠

販売名

カルデナリンOD錠2mg

販売名コード

2149026F7024

承認・許可番号

22500AMX01530
Cardenalin OD Tablets 2mg

薬価基準収載年月

2013年12月

販売開始年月

2013年12月

貯法・使用期限等

貯法 
気密容器・室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載(取扱い上の注意参照)

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:2.43mg(ドキサゾシンとして2mg)
添加物
D-マンニトール、結晶セルロース、クロスポビドン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、含水二酸化ケイ素、サッカリンナトリウム水和物、ステアリン酸マグネシウム、ステビア抽出精製物、香料、黄色5号

性状

外形
上面
下面
側面
直径8.0mm
厚さ3.1mm
識別コードPTC13
色調等淡いだいだい色
割線入り
素錠

販売名

カルデナリンOD錠4mg

販売名コード

2149026F8020

承認・許可番号

22500AMX01531
Cardenalin OD Tablets 4mg

薬価基準収載年月

2013年12月

販売開始年月

2013年12月

貯法・使用期限等

貯法 
気密容器・室温保存
使用期限
最終年月を外箱等に記載(取扱い上の注意参照)

規制区分

処方箋医薬品注)
注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

1錠中:
有効成分
日局 ドキサゾシンメシル酸塩:4.85mg(ドキサゾシンとして4mg)
添加物
D-マンニトール、結晶セルロース、クロスポビドン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、含水二酸化ケイ素、サッカリンナトリウム水和物、ステアリン酸マグネシウム、ステビア抽出精製物、香料、黄色三二酸化鉄

性状

外形
上面
下面
側面
直径8.5mm
厚さ3.5mm
識別コードPTC14
色調等淡黄色
割線入り
素錠

一般的名称

ドキサゾシンメシル酸塩口腔内崩壊錠(OD錠0.5mg、OD錠1mg、OD錠2mg、OD錠4mg)

禁忌

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能又は効果

高血圧症
褐色細胞腫による高血圧症

用法及び用量

通常、成人にはドキサゾシンとして1日1回0.5mgより投与を始め、効果が不十分な場合は1〜2週間の間隔をおいて1〜4mgに漸増し、1日1回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は8mgまでとする。
ただし、褐色細胞腫による高血圧症に対しては1日最高投与量を16mgまでとする。

用法及び用量に関連する使用上の注意

〔カルデナリンOD錠〕
本剤は口腔内で崩壊するが、口腔粘膜からの吸収により効果発現を期待する製剤ではないため、唾液又は水で飲み込むこと[「適用上の注意」の項参照]。

使用上の注意

慎重投与

ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤を服用している患者[「相互作用」の項参照]
肝機能障害のある患者[主として肝臓で代謝されるため、血中濃度−時間曲線下面積(AUC)が増大することがある(「薬物動態」の項参照)。]

重要な基本的注意

起立性低血圧があらわれることがあるので、臥位のみならず立位又は坐位で血圧測定を行い、体位変換による血圧変化を考慮し、坐位にて血圧をコントロールすること。
本剤の投与初期又は用量の急増時等に、立ちくらみ、めまい、脱力感、発汗、動悸・心悸亢進等があらわれることがある。その際は仰臥位をとらせるなどの適切な処置を行うこと。また、必要に応じて対症療法を行うこと。
本剤の投与初期又は用量の急増時等に起立性低血圧に基づくめまい等があらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う作業に従事する場合には注意させること。

相互作用

併用注意

薬剤名等臨床症状・措置方法機序・危険因子
利尿剤又は他の降圧剤相互に作用を増強するおそれがあるので、減量するなど注意すること。相互に作用を増強するおそれがある。
ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤
 バルデナフィル塩酸塩水和物
 タダラフィル
 シルデナフィルクエン酸塩
併用によりめまい等の自覚症状を伴う症候性低血圧を来したとの報告がある1,2)血管拡張作用による降圧作用を有するため、本剤の降圧作用を増強することがある。

副作用

副作用等発現状況の概要

カルデナリン錠開発時及び承認後6年間の調査(再審査終了時)において、10,391例中508例(4.89%)に副作用又は臨床検査値異常が認められた。
副作用の主なものは、めまい・ふらふら感(0.74%)、起立性めまい(0.51%)、頭痛・頭重(0.35%)、動悸・心悸亢進(0.30%)等であった。臨床検査値の異常はALT(GPT)上昇(0.42%)、AST(GOT)上昇(0.31%)、Al-P上昇(0.24%)等であった3)

重大な副作用

失神・意識喪失
失神・意識喪失(0.01%)があらわれることがある。これは起立性低血圧によることが多いので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、仰臥位をとらせるなど適切な処置を行うこと。
不整脈
不整脈があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと(頻度不明)注)
脳血管障害
脳血管障害があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと(頻度不明)注)
狭心症
狭心症があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと(頻度不明)注)
心筋梗塞
心筋梗塞があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと(頻度不明)注)
無顆粒球症、白血球減少、血小板減少
無顆粒球症、白血球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと(頻度不明)注)
肝炎、肝機能障害、黄疸
肝炎、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと(頻度不明)注)
注:自発報告のため頻度不明。

その他の副作用

次のような副作用が認められた場合には、必要に応じ、減量、投与中止等の適切な処置を行うこと。
肝臓(0.1〜1%未満)
AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの上昇
肝臓(0.1%未満)
LDHの上昇
肝臓(頻度不明注1)
胆汁うっ滞
循環器(0.1〜1%未満)
起立性めまい、起立性低血圧、低血圧、動悸・心悸亢進、頻脈、ほてり(顔面潮紅等)
循環器(0.1%未満)
胸痛・胸部圧迫感
循環器(頻度不明注1)
徐脈
精神・神経系(0.1〜1%未満)
めまい、頭痛・頭重、眩暈
精神・神経系(0.1%未満)
眠気、不眠、しびれ感
精神・神経系(頻度不明注1)
耳鳴、興奮、振戦、知覚鈍麻、不安、うつ病、神経過敏
消化器(0.1〜1%未満)
悪心・嘔吐
消化器(0.1%未満)
腹痛、口渇、食欲不振、下痢、便秘
消化器(頻度不明注1)
消化不良、鼓腸放屁
筋・骨格系(頻度不明注1)
関節痛、筋力低下、筋痙直、筋肉痛、背部痛
呼吸器(0.1%未満)
息苦しさ、鼻出血、鼻炎、咳
呼吸器(頻度不明注1)
気管支痙攣悪化、呼吸困難
泌尿・生殖器(0.1%未満)
頻尿・夜間頻尿、尿失禁
泌尿・生殖器(頻度不明注1)
持続勃起、勃起障害、射精障害(逆行性射精等)、血尿、排尿障害、多尿
過敏症注2)(0.1%未満)
発疹、そう痒感
過敏症注2)(頻度不明注1)
蕁麻疹、血管浮腫、光線過敏症
血液(0.1〜1%未満)
白血球減少
血液(0.1%未満)
血小板減少
血液(頻度不明注1)
紫斑
(頻度不明注1)
かすみ目、術中虹彩緊張低下症候群(IFIS)
その他(0.1〜1%未満)
倦怠感
その他(0.1%未満)
浮腫、脱力感、異常感覚、発熱
その他(頻度不明注1)
発汗、疼痛、体重増加、女性化乳房、脱毛
注1:自発報告のため頻度不明。
注2:発現した場合には投与を中止すること。

高齢者への投与

高齢者では一般に過度の降圧は好ましくないとされている(脳梗塞等が起こるおそれがある)ので、低用量から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。
*ヒト母乳中への移行が報告されている4)ので、授乳中の婦人に投与する場合には授乳を中止させることが望ましい。
胎仔器官形成期投与試験にて、ラットへの120mg/kg投与及びウサギへの100mg/kg投与により胎仔死亡率の増加が報告されている5)

小児等への投与

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。

過量投与

症状:過量投与により低血圧を起こす可能性がある。
処置:過量投与の結果低血圧になった場合には、直ちに患者を足高仰臥位に保つ。その他必要に応じて適切な処置を行う。本剤は蛋白結合率が高いため、透析は有用ではない。

適用上の注意

〔カルデナリン錠〕
薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
〔カルデナリンOD錠〕
薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
本剤をPTPシート又は瓶から取り出して保存する場合は、湿気を避けて保存するよう指導すること。
服用時
本剤は舌の上にのせ唾液で浸潤させ、唾液のみで服用可能である。また、水で服用することも可能である。

その他の注意

α1遮断薬を服用中又は過去に服用経験のある患者において、α1遮断作用によると考えられる術中虹彩緊張低下症候群(Intraoperative Floppy Iris Syndrome)があらわれるとの報告がある。

薬物動態

吸収6〜8)
健康成人6名にドキサゾシン錠0.5mg、1mg又は2mgを空腹時に単回経口投与した結果、投与後1.6〜1.7時間に最高血漿中濃度に達し、その濃度はそれぞれ4.9ng/mL、9.4ng/mL及び18.2ng/mLであった。血漿中濃度の半減期は10〜16時間であった。
高血圧症患者7例に2mg錠を1日1回5〜8日間連続経口投与した場合の血漿中濃度は4日目以降で定常状態になり、初日の約1.4倍に増加する。また、血漿中濃度半減期は単回投与時11.1時間、連続投与時12.9時間と大差はなかった。
健康成人男性24例に、クロスオーバー法によりドキサゾシンOD錠4mg又はドキサゾシン錠4mgをそれぞれ空腹時単回経口投与したとき、ドキサゾシンの血漿中濃度及び薬物動態パラメータは以下の通りであった。

(表1参照)
ドキサゾシンOD錠4mgは、水なしで服用又は水とともに服用した場合のいずれにおいても、ドキサゾシン錠4mgと生物学的に同等であることが確認された。また、OD錠4mgはOD錠0.5mg、OD錠1mg及びOD錠2mgと溶出挙動が同等であり、生物学的に同等とみなされた。
食事の影響9)
健康成人12名にドキサゾシンカプセル1mgをクロスオーバー法により空腹時又は食後に単回経口投与した結果、最高血漿中濃度到達時間はそれぞれ2.3時間及び3.9時間であったが、最高血漿中濃度はいずれも6.8ng/mLであり、AUCでも空腹時及び食後投与との間に有意差を認めず、ドキサゾシンの吸収に及ぼす食事の影響は少ない(参考)。
分布6)
健康成人6名にドキサゾシン錠2mgを単回経口投与したときの血漿中濃度成績から算出した分布容積は1.2L/kgであり、組織への移行性は良好と考えられる。
代謝・排泄6,10)
健康成人6名にドキサゾシン錠0.5mg、1mg又は2mgを単回経口投与したときの投与後24時間までの未変化体の尿中排泄率はいずれも1%以下であった。
健康成人2名に14C-標識ドキサゾシン2mgを単回経口投与した場合の投与後7日目までの放射能排泄率は、尿中9%、糞中63%であり、主として糞中へ排泄され、そのほとんどが代謝物として排泄される(参考)。
肝機能障害患者11)
肝機能の低下している患者(肝硬変患者)12例および健康成人12名にドキサゾシン錠2mgを単回経口投与した結果、臨床的な影響は明らかではないが、ドキサゾシンの肝機能低下患者におけるAUCは246±84ng・hr/mLと健康成人の値172±61ng・hr/mLに比し有意に増大した(参考)。
腎機能障害患者7)
腎機能障害を伴う高血圧症患者5例と腎機能正常の高血圧症患者7例にドキサゾシン錠2mgを1日1回5〜8日間連続経口投与した結果、両群間で血漿中ドキサゾシン濃度の推移に有意な差は認められなかった。
高齢者12)
健康高齢者12名(平均71.4歳)および若年健康成人6名にドキサゾシン1mgを静注、又は2mgを単回経口投与した結果、健康高齢者では若年健康成人に比し分布容積は有意に高値を示すが、バイオアベイラビリティー、クリアランスおよび血漿中濃度半減期には有意な変化は認められなかった(参考)。
蛋白結合4)
ドキサゾシンのヒト血漿蛋白結合率(in vitro)は98.9%であった。

薬物動態の表

表1
剤形及び投与量Tmax
(h)
Cmax
(ng/mL)
AUCt
(ng・h/mL)
T1/2
(h)
OD錠4mg(水なしで服用)1.682±0.5679036.67±7.3296516.7±113.2111.82±1.8750
OD錠4mg(水ありで服用)1.583±0.6019340.23±9.7754505.7±118.0211.95±1.5160
ドキサゾシン錠4mg2.000±1.122938.16±7.6917509.5±102.3111.89±1.6520
n=24、n=22
Tmax:最高血漿中濃度到達時間
Cmax:最高血漿中濃度
AUCt:最終採血時点までの血漿中濃度−時間曲線下面積
T1/2:消失半減期

臨床成績

臨床効果
二重盲検比較試験を含むドキサゾシン錠開発時の臨床試験成績の疾患別有効率は以下の通りである。
(表2参照)
軽症・中等症本態性高血圧症13〜17)
軽症・中等症の本態性高血圧症に対する有効率は76.5%(355/464例)であった。
ドキサゾシン錠単独投与と他剤との併用投与を比較した試験では、単独投与例の有効率80.6%(104/129例)、利尿剤併用例81.5%(53/65例)、β遮断剤併用例86.4%(57/66例)であり、単独投与に比べて併用療法の有効率がやや高かった。
なお、1年以上の長期投与113例の有効率は80.5%(91/113例)であり、長期投与においても安定した降圧効果が認められた。
プラゾシンとの二重盲検比較試験ではドキサゾシン1日1回0.5〜4mg投与の有効率は70.8%(80/113例)であり、プラゾシン1日1.5〜6mg分3投与の有効率70.0%(77/110例)と同等の成績であった。
重症高血圧症18)
重症高血圧症に対する有効率は89.3%(25/28例)であった。
腎障害を伴う高血圧症19)
腎障害を伴う高血圧症に対する有効率は79.2%(19/24例)であった。
高齢(70歳以上)高血圧症患者
高齢(70歳以上)高血圧症患者への使用経験は26例であり、その有効率は79.2%(19/24例)、副作用発現率は3.8%(1/26例)であった。
褐色細胞腫による高血圧症20)
褐色細胞腫による高血圧症に対する有効率は79.2%(19/24例)であった。
その他〔参考〕13,17)
ドキサゾシンを12週間又は1年以上投与した本態性高血圧症患者において、降圧効果とともに血清総コレステロールの減少が認められた。

臨床成績の表

表2
疾患名有効率(下降以上)
軽症・中等症本態性高血圧症76.5%(355/464)
重症高血圧症89.3%(25/28)
腎障害を伴う高血圧症79.2%(19/24)
褐色細胞腫による高血圧症79.2%(19/24)

薬効薬理

降圧作用21)
高血圧自然発症ラット、腎性高血圧ラット、DOCA高血圧ラット及び腎性高血圧イヌを用いた実験において、経口投与により持続的な降圧作用が認められている。高血圧自然発症ラットに1日1回37日間連続経口投与した実験でも安定した降圧効果を示し、耐性は認められなかった。
血行動態21,22)
麻酔イヌにおいてドキサゾシン0.1〜0.5mg/kgの静脈内投与により、持続的な血圧下降、全末梢抵抗の減少、心拍出量及び心拍数の一過性増加がみられた。本態性高血圧症患者にドキサゾシン0.5〜4mgを6週間経口投与した成績では、有意な血圧下降、全末梢抵抗の減少及び心拍出量の増加傾向がみられたが、心拍数には変動は認められなかった。
血漿レニン活性及びカテコラミン濃度に及ぼす影響7,21)
腎性高血圧イヌにドキサゾシン0.1〜1.0mg/kgを経口投与した成績では、血漿レニン活性に有意な影響は認められていない。また、本態性高血圧症患者にドキサゾシン2mgを連続経口投与した成績においても、血漿レニン活性、アルドステロン、ノルアドレナリン及びアドレナリン濃度に有意な変動は認められていない。
作用機序21,23)
ドキサゾシンの降圧作用は末梢血管の交感神経α受容体の遮断によるが、α1受容体(シナプス後α受容体)に選択的に働き、α2受容体(シナプス前α受容体)にはほとんど作用しないことがラット摘出輸精管標本、ウサギ摘出肺動脈標本又はreceptor binding assayによるin vitro実験で認められている。また、ドキサゾシンのα1受容体への選択性は従来のα1遮断剤より優れている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名
ドキサゾシンメシル酸塩(Doxazosin Mesilate)
化学名
1-(4-Amino-6,7-dimethoxyquinazolin-2-yl)-4-{[(2RS)-2,3-dihydro-1,4-benzodioxin-2-yl]carbonyl}piperazine monomethansulfonate
分子式
C23H25N5O5・CH4O3S
分子量
547.58
融点
約272℃(分解)
構造式
性状
白色〜帯黄白色の結晶性の粉末である。
ジメチルスルホキシドに溶けやすく、水又はメタノールに溶けにくく、エタノール(99.5)に極めて溶けにくい。
ジメチルスルホキシド溶液(1→20)は旋光性を示さない。

取扱い上の注意

〔カルデナリンOD錠〕
使用期限内であっても、開封後は速やかに使用すること。
アルミピロー開封後は湿気を避けて保存すること。
瓶の開封後は湿気を避けて保存すること。

包装

カルデナリン錠0.5mg:100錠(PTP)
カルデナリン錠1mg:100錠(PTP)、500錠(瓶)
カルデナリン錠2mg:100錠(PTP)、500錠(瓶)
カルデナリン錠4mg:100錠(PTP)
カルデナリンOD錠0.5mg:100錠(PTP)
カルデナリンOD錠1mg:100錠(PTP)、500錠(瓶)
カルデナリンOD錠2mg:100錠(PTP)、500錠(瓶)
カルデナリンOD錠4mg:100錠(PTP)

主要文献及び文献請求先

主要文献

1
Kloner,R.A.et al.:J Urol 172(5 Pt 1):1935,2004
2
社内資料:シルデナフィルとの薬物相互作用
3
厚生省医薬安全局:医薬品研究 29(8):627,1998
4
*Berit, P. J. et al.:J Hum Lact 29(2):150, 2013
5
堀本 政夫ほか:応用薬理 39(1):29,1990
6
海老原 昭夫ほか:臨床薬理 19(2):445,1988
7
塩之入 洋ほか:診療と新薬 25(7):1427,1988
8
社内資料:健康成人における薬物動態(カルデナリンOD錠とカルデナリン錠の生物学的同等性)
9
社内資料:健康成人における薬物動態(食事の影響)
10
Kaye,B.et al.:Br J Clin Pharmacol 21(Suppl.1):19S,1986
11
Penenberg,D.et al.:J Clin Pharmacol 40(1):67,2000
12
Vincent,J.et al.:Br J Clin Pharmacol 21(5):521,1986
13
吉永 馨ほか:医学と薬学 20(1):141,1988
14
吉永 馨ほか:医学と薬学 20(1):127,1988
15
吉永 馨ほか:医学と薬学 20(1):117,1988
16
尾前 照雄ほか:医学のあゆみ 146(9):673,1988
17
吉永 馨ほか:医学と薬学 20(1):167,1988
18
吉永 馨ほか:診療と新薬 25(7):1393,1988
19
吉永 馨ほか:診療と新薬 25(7):1409,1988
20
吉永 馨ほか:診療と新薬 25(7):1367,1988
21
石河 醇一ほか:応用薬理 38(5):387,1989
22
築山 久一郎ほか:臨床薬理 19(3):511,1988
23
Alabaster,V.A.et al.:Br J Clin Pharmacol 21(Suppl.1):9S,1986

文献請求先

**ヴィアトリス製薬株式会社 メディカルインフォメーション部
〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2
フリーダイヤル 0120-419-043

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

**製造販売
ヴィアトリス製薬株式会社
東京都港区虎ノ門5-11-2

先発薬

後発薬

                                                                                                                                                                                                       

MESSAGE

MESSAGE

LABEL